吉田司法書士事務所|オフィスデザイン・レイアウト事例

"ありがとう"のご縁をつなぐオフィス

以前からお付き合いのあった吉田司法書士事務所様。
司法書士事務所として最初のスタートとなるオフィスづくりを設計デザインから工事・家具調達を担当させて頂きました。

内装デザインは白を基調とし、淡いカーペットやアッシュ系アクセントクロスを織り交ぜ、優しさと親しみやすさが感じられる空間に。
相談に使われる突板のテーブルは、木の自然な質感が感じられ相談者に安心感を与えます。

レイアウトの工夫では来客時に丸見えにならない配慮と同時に、直ぐに対応できる最短距離での動線を確保する等、司法書士としてのお客様に対する姿勢やこだわりを細かくヒアリングし、吉田様「らしさ」を落とし込んだ空間をつくり上げることができました。

今回、限られた空間の中で、「接客」「執務」「リラックス」と目的の異なる空間を、中央の斜めに走る間仕切り一枚でセパレートできたレイアウトの好例となりました。

株式会社アドアルファ