描き出したら止まらない、「描ける壁」ホワイトボード - idea |株式会社アドアルファ

IMG_3289

思考をとめない

描き出したら止まらない、
「描ける壁」

壁面ホワイトボードでもっと会議を
クリエイティブな思考で作り上げていく。

描き出したら止まらない、アイデア試行を留めない「描ける壁」

キャスター式のホワイトボードでの会議中。
議論が白熱して来た所で描く面がいっぱいになり、裏返すのに手間が掛かって議論内容が薄れてしまう。
次々と出てくるアイデアに余白が追い付かず思考が止まってしまう。次第にプロジェクトの流れが見え難くなくなってしまう。そんな経験はありませんか?

壁面施工タイプのホワイトボードなら次々と分岐していくアイデアを余す所なく、一気に描き上げる事ができます。描き続ける事で思考の流れや時系列が自然と整理されていく。
もしも会議のやり方を変えたいと感じているのなら、まずはホワイトボードから変えてみませんか!?
描き出したら-1
描き出したら-3

施工事例のご紹介

壁面全体ホワイトボード施工事例

壁面一部ホワイトボード施工事例

意匠を損なわない美しい仕上がり
コストパフォーマンスに優れた簡単施工タイプのホワイトボード

パネル一枚あたりのサイズは910mm×1820mm。
美しい仕上がりで一般的なシートタイプの製品より消し跡が残りにくく、時間が経った描き跡も水拭きで簡単にキレイになります。
表面の劣化に配慮した特殊フィルム加工により、表面コーティングが剥がれにくく、長くお使い頂ける製品です。

また磁石の使用も可能なので資料を張り付けて使う事もできます。(一般的な磁石でA4コピー用紙5枚程度の貼り付けが可能)。

プロジェクターでの投影も可能ですが、その場合はプロジェクター天吊りによる、反射の軽減措置をお勧めしております。

意匠を-

スピーディーな施工を実現

床から天井までの全面貼りタイプor 壁面に帯状に貼り付ける一部施工タイプをご用意。平滑な壁面であれば、クロスや塗装壁、メーカー製間仕切りパネルの上からでも施工でき、コンセント等の設備部分を活かした施工も可能です。
施工時間は、パネル3枚で2時間程度が目安となります。
施工について-2
施工について-3

セルフ概算見積もりシミュレーション
手順に沿って計算して頂くと概算金額が算出できます

1. ホワイトボードパネル取付け予定の壁面の長さと高さを測ります

2. 壁面を何枚で構成出来るか試算します(その際、床から1500Hを中心にしたパネルの配置をお勧めしております)

3. パネルカットが必要な箇所を数えます
4. 壁面一部施工タイプの場合は、パネルの四方または上下に付ける枠の長さを試算します

5. ホワイトボードパネル+パネルカット費+枠(抑え材)+施工費が概算費用となります
WB-1
c5307a1745a3b415d11c971aeda2f43f

<注意事項>



・下地の状態を確認して下さい(スチールパネルorクロス貼りor塗装orその他)
・壁面にコンセントやその他設備がある場合はお知らせ下さい

・パネルの組合せなの為、継ぎ目(目地)が出ます

・本製品は不燃認定はされておりませんのでご了承下さい

・実際の施工時には調査員による計測が必要です

・施工費には取付け費、取付け用資材費、配送費が含まれます

・施工場所が福岡県外、離島の場合は施工費が変わりますので問い合わせ下さい




壁面ホワイトボードお勧め活用術!


Scene1. 「下ごしらえ」の短縮化


小規模の会議や打ち合わせであれば、あらかじめ必要な情報は壁面に描き出し、手持ちの資料をペタペタ壁に貼るだけで会議の「下ごしらえ」完成。時短テクニックな上にオフィスのペーパーレス化にも一役買っちゃいます。

Scene2. 取りこぼしがちなアイデアの切れ端を全て見える化


余白の少ないホワイトボードだと頭の中で自動的に描く事をまとめたり省略可してしまいがちです。せっかくひねり出したアイデアは切れ端でもとりあえず壁に残しておいて新たな発想のヒントにしましょう。

Scene3. 現状の状況・課題・解決策を並列に進行


広い盤面を使い、時系列に沿って問題を追って行く事でプロジェクトの全体を俯瞰して見る事ができ、いつでも会議の流れが振り返れるので会議での「置いてきぼり」状態を回避できます。

Scene4.議事録の時短テク


会議終了後は壁面を写真に撮って、まとめた議事録と一緒にみんなに転送しましょう。
前回会議の時の熱や内容がそのままフラッシュバックされ、時間の経過と共に忘れて行く付帯情報の流出も防ぎます。

Scene5. 「壁」は口程に物を言う


部署毎やプロジェクト単位での会議後。
たまたま通りがかった会議室に残った会議の形跡を見て、会議に参加していない人でも、普段は接点の無い部署のスタッフでも、その場で自然に繋がり大まかな情報の共有できます。

株式会社アドアルファ